So-net無料ブログ作成
暮らしつれづれ ブログトップ
前の12件 | -

cafe 旅ヲスル木 [暮らしつれづれ]

今日は千葉の久留里というところに小さな旅。
東京駅からバスで1時間。木更津駅で友人のJUN姫と
馬頭琴奏者の美炎さんと合流し
向かったのはcafe旅ヲスル木 http://ameblo.jp/dao1974/
とても行きたかったところです。。
そこのオーナー夫妻はずいぶん前にかずさでガイアシンフォニー5番上映会と
私の写真展&講演会を企画してくれたあさみさんのお友だちなんです。
奥さんのともちゃんはそのころ天然酵母のパン屋さんを初めたばかりで
とても久しぶりに再会したのですが、いつのまにか、お二人のかわいいお子さんも生まれて
すっかり立派なお母さん。ご夫婦でこんなおしゃれで素敵なカフェを始められていました。
月日の流れるのは早いなあ

_DSC8457b.jpg

cafe 旅ヲスル木 千葉県君津市久留里市場585

_DSC8447b.jpg
_DSC8450b.jpg _DSC8452b.jpg オーダーしたのはそれぞれちがうメニュー。私は、トマトとひよこ豆のカレー。 食後はミルクたっぷりで熱々のチャイを。 _DSC8454b.jpg お土産に買った天然酵母パン。あ〜なつかしい味!

Let' s キモノ [暮らしつれづれ]

寒い日が続いています。1月も3週目に入りました。
みなさん お風邪など召されていませんか?
お正月以来、仕事で外出する以外は、たまにですが着物で数時間を過ごす習慣もつき
今日は諸用があり着物でお出かけいたしました。
寒い季節の和装は、ちょっと裏技工夫がいりますね。
そして美しく着こなすことがベストですが、動きやすく季節に合った楽な着付け
自分らしい着こなしをしたいなあと思いつつ
全体のコーディネイトを心がけています。

今日は、コバルトブルー地模様に鹿のろうけつ染め柄の入った着物に
白と銀糸刺繍のモダンな帯を合わせ着てみました。
7年前のお正月に着て写真をUPした着物です。(2007.1.2の日記)
久しぶりに袖を通しました。
鮮やかな青、自分で言うのもなんですが、わりと似合ってました(笑)
_DSC6751b.jpg
帰りに丸井でたいやきを買って緑茶といただきHot 一息つきました。
_DSC6754b.jpg

26日のワークショップでは着物でみなさんをお迎えしようかな
ワークショップの後はお抹茶と和菓子をお出ししようかな〜とも計画中です。
そして、開始30分前の12時半から魚沼産コシヒカリおむすびとみそ汁の
みんなdeランチ(サービス)を準備いたしますのでよろしければどうぞご参加下さい。


初詣 [暮らしつれづれ]

晴天が続いた三が日でしたが、みなさまいかがお過ごしでしたか?
今日4日にようやくお休みがとれた娘と、府中の大国魂神社まで初詣に出かけました。
とても混んでいましたし、夕方は風が冷たくて寒かったですが、
やはり行ってよかったです! 日本人ですものね。
2014-01-04 16.01.43.jpg
2014-01-04 16.05.41.jpg

帰りに武蔵野茶房でお抹茶と甘味をいただきました。
2014-01-04 17.23.58.jpg
私は年頭に宣言した通り、着物暮らしを始めました。
といっても、今のところ1日のうち数時間ですが、、
着物たんすを整理整頓し、着物・帯、長襦袢、足袋、羽織やコート、半襟、帯締め
帯揚げなどや着付の小物類、履物など、必要なものを準備。
心地よく着物暮らしをするためには、それらを手の届く場所に置いて
いつでもさっと取り出せるようにしておく必要があります。
そして、脱いだら干しアイロンをかけてたたむなどの手入れも必要。
そのめんどくささがあるので、着物が好きでもつい遠のいてしまうのですが
やはり、絹の肌ざわりや、着心地は格別ですね。
仕事を始めたら、そんなにいつでもというわけにはいきませんが
自分らしく、堅苦しくなく、おおらかに着物を着れたらいいな〜と考えています。
2014-01-04 17.24.45d.jpg

まずは着付の練習です(笑)たくさん持っているわけではないけど
着物と帯、帯揚げ、帯締めの色の組み合わせを悩みながら考えるのは楽しい作業です。
今日は紫の渋めの着物で。

マフラーの季節です [暮らしつれづれ]

12月に入り、暖かい装いをする季節になりました。
大好きなマフラーやコートやカーデガンなど
ふわふわ モコモコ 重ね着 コーディネートが
大好きなわたしには この季節の訪れが待ち遠しいのです。。

ここ数日原稿書きで、家にこもっているので ちょこっと気分転換
ワードローブを冬用に整理・整頓 ワクワク

昨夜は 数年前に購入したアルパカ入りのあったかコート(色はホワイトグレー)が、
時代を経て、どうも袖のデザインが今ひとつなのでチクチクお直し。
「よし、これならまだ着れる!」ということになりました。
好きな服を丁寧に長〜く着るのがわたしのモットーです。

_DSC6648b.jpg
こちらは 冬は手放せないストール。家の中でも纏っています。
軽くて皺にならず、寒い時期の撮影や旅行にも大活躍!

そして、最近のマイブーム・カラーは「赤」
黒や白、グレー、モカ、藍などの服を着ることが多いので
わりとどんな装いにも合うんです。
以外にも、この歳になって赤が似あってきた(笑)
_DSC6676b.jpg

学生っぽいトラッドなマフラーも重宝します。この赤は落ち着いた赤。フクゾー
_DSC6669b.jpg
ベトナムシルクのストールも何度も水をくぐって、柔らかな手触りに。
_DSC6661b.jpg

最後に こちらはガイアシンフォニーの撮影で行ったインドで
購入したラムウールのブランケット。ずいぶん使い込んで毛羽立ったけど
いい味が出てきました。これに包まるとほかほか暖かいの。
_DSC6689b.jpg
小さい写真ですが、買ったばかりの頃の写真です。
http://m-miya.blog.so-net.ne.jp/2006-02-05
やっぱり冬っていいな〜。さあ、原稿書こう。

食といのち [暮らしつれづれ]

夏日がやってきましたね。太陽が熱いです。
私は仕事も順調に進み、合間には梅干しや酵素ジュースを仕込んだり。。
8月になったら忙しくなるので体調を整えながら過ごしています。

最近読んだ本で特によかったものを2冊ご紹介します。

食といのち

食といのち

  • 作者: 辰巳 芳子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 単行本


料理研究家の辰巳芳子さんのご著書ですが
知る人ぞ知る4人の識者との対話で構成されていてとてもおもしろかったです。
今回特に感銘を受けたのが看護界の大御所川嶋みどりさん
そして倫理学者の竹内修一さんとの対話。
食の原点とはなにか、とてもわかりやすくかつ造詣深い内容です。
聖書の記述も興味深く、スープやおじやのレシピもうれしい。

もうひとつは

いのちの始まりと終わりに

いのちの始まりと終わりに

  • 作者: 柳澤 桂子
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本


生命科学者柳澤桂子さんのいのちのはなし。
老若男女すべてに方にお勧めの本です。
一言一言が細胞に染みわたり、納得できる重みのある内容です。

_DSC6387b.jpg
_DSC6389b.jpg
写真は仕込み中の梅と梅&レモン酵素ジュース。元気が出ます。


いのちを奏でる写真展 [暮らしつれづれ]

快晴の土曜日です。いよいよGWに入りましたね。
みなさんどちらへお出かけでしょうか。
_DSC6258b.jpg
庭ではモッコウバラが満開できれいです。
羽衣ジャスミンのビンクのつぼみが手の届かないところで
モッコウバラに寄り添ってる。。もうじき、いい香りが漂いますね〜
木陰になっているこのスペースでゆっくり本でも読もうかな。
その他のバラも蕾がぐうんと大きくなっていて、連休中には開花しそうです。
コーネリアと、メイクィーンは今朝一輪ずつ咲きました。
朝から点検作業忙しいです。今年はどんな響宴が見られるんでしょうか。
わくわく♡

昨日は無事に山本助産院に写真パネルを発送できました。
でもさすがに疲れが出たのか、一時的にダウン。
庭のローズマリーを摘み、匂いを吸い込みながら頭をからっぽにして
リラクゼーションとストレッチをしました。
リフレッシュできたので、今日は明日のスライドショー制作をします。
28日(日)みんなに会うのを楽しみにしています!
お時間のある方どうぞいらして下さいね。

いのちのまつり 地球が教室 [暮らしつれづれ]

昨日の寒さとうって変わり今日はいい光が差しています。
昨日は青山で「いのちのまつり 地球が教室」という自主上映映画を観てきました。
ベストセラー絵本「いのちのまつり」シリーズの作者で陶彩画家の草場一壽さんの
初監督作品です。
子どもやいのちの教育の現場で教える方や、夢を描き実現させたりする若者の
映像やインタビューを中心に構成されていますが、演技しない子どもの力はすごいですね。
登場者6人の方もみなさん素晴らしいエネルギー、愛にあふれる方たちでそれぞれの語りに
とても共感を覚え、涙腺のゆるい私は何度も涙してしまいました。
草場監督ご自身がインタビュワーでナレーション役もなさっています。
とても温かな光のメッセージを受け取った気がします。
皆さんも機会があったらぜひご覧下さいね。

映画の後で草場氏と「いのとのまつり」編集者 サンマーク出版の鈴木七沖氏との
対談がありました。
草場さんのお人柄がよく表れておもしろかったですし
とてもいろんなことを考えさせられました。
草場氏の発言「今 花を美しいと思えなかったり、感情が薄かったり、感情表現できない
子どもが増えている。いやそればかりか本能さえも弱まっているのではないか」
確かに日頃そう感じること多いです。

その反面
「これからは消費するより、自分でなにかを作り出すクリエイティブな時代になる」

みんながそれぞれ何かを表現する時代 主張する時代なのかなとも思います。

そんな時代に何が必要か 

鈴木氏は「顔と顔を合わせる場作り」を大切にしたいと提言されています。

いい刺激をいただいた1日でした♡
というわけで今日から4月 晴れ晴れと前に向かってゆきましょう

r-6033b.jpg
庭に出る時間が多くなってきました。ワイヤープランツをくるりとまるめて
r-6050b.jpg
庭のテーブルに放置していたヘチマくん。皮がきれいに剥けました。
たくさんの種がとれたので、また今年も育ててみようかな。

r-6054b.jpg
白モッコウバラの咲き乱れる日が楽しみです。
この下でいったいなにを想うのか・・・うふふ


大地よ(宇梶静江さんの詩と出会う)  [暮らしつれづれ]

先日の妊婦さんから、5日の夜にお産コールがあり茅ヶ崎の齋藤助産院に
出かけて来ました。
助産師仲間や子どもたちが見守る中、深夜に女の赤ちゃんが無事に誕生。
酵素ジュースのソーダ割で乾杯した後、私はあのかわいいアン部屋に
泊めていただきました。
朝、助産院には窓からとってもいい光が満ちていて、
美味しい朝ご飯をいただいてしまいました♡
saito-4138.jpg
外に出ると植物が朝陽を浴びて気持ち良さそう。パンジーの青紫が美しく・・・
saito-4144.jpg
saito-4141.jpg
見張り番君もきっと祝福しているね。
saito-4180.jpg
齋藤助産院にはすてきな小物たちがおしゃれに飾られているのですが
帰る間際に玄関に飾られたポストカードが目にとまりました。
詩が書いてあったので膝を折って読んで見ました。
とても 胸を打つ すごい詩でした。
しばし 静かに時が止まったかのようでした。

駅まで齋藤さんのだんなさまが車で送って下さり車中で詩のことをたずねました。
その詩はアイヌ解放運動家で詩人の宇梶静江さんの「大地よ」という詩でした。
田口ランディさんのブログでこの詩が紹介されていましたのでリンクしておきます。ぜひ読んで見て下さい。
you tubeには宇梶さんご自身の朗読も公開されています。
saito-4157.jpg

日々の本棚 [暮らしつれづれ]

古い本なのですが、ここ数日で読んでいる本2冊。

イギリス式月収20万円の暮らし方

イギリス式月収20万円の暮らし方

  • 作者: 井形 慶子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/05/21
  • メディア: 単行本


著書の井形慶子さんが9つの章に分けてイギリス式の暮らしの楽しみ方を語っています。
服の着こなしについて書いてある項目にとても共感しました。
服は自分のジャストサイズに合うよう、リメイクしたり補正をして着ると
よりスタイリッシュに見えるし、タンスの中にしまいこむこともなくなるというのです。
なるほど! 思い当たります・・
さっそくジャケットのボタンをつけ直したり
パンツやスカートの裾、ウエストの位置を直したり、針と糸でお直し。

私はわりと服にはこだわりがあり、気に入った服は愛着を持って長く着る方なので
時々ワードローブをチェックし、手入れしながら、
日々気持ちよく装いたいと思いました♡

それから、もう1冊は随分前から本棚に差し込んだまま、いつか読もうと思っていた
この本をようやく手にしています。やっと読むべき時がきた!? 

ダンシング・イン・ザ・ライト―永遠の私をさがして

ダンシング・イン・ザ・ライト―永遠の私をさがして

  • 作者: 山川 亜希子
  • 出版社/メーカー: 地湧社
  • 発売日: 1987/02
  • メディア: 単行本



すてきなボイストレーニング  [暮らしつれづれ]

連休中いかがお過ごしでしょうか。
私は土日仕事でしたが、今日は家でゆっくりです。
金曜日に「読み聞かせのためのボイストレーニング」に行って来ました!
講師は藤田京子さん。期待以上のことをたくさん教えて下さり行ってよかったです。
2時間みっちり楽しく学びました。

最初にみんなの手にバラの香りのハンドクリームを塗って下さいました。
このことは、最後のあたりで「なぜか」わかるのです。
声が出る仕組みを身体図鑑を見ながら確認して
呼吸や姿勢、発声なども実践法でやってゆきます。
たくさんの気づきや、え〜〜っという驚きもありました。
特別に難しいことはありません。身体をゆるめ、首を硬くしないことが
ポイントのようです。
藤田京子さんは、ボイストレーニングの伝道師だと、自己紹介なさいました。
とてもポジティブで、柔和でエレガントでチャーミングな方。
まさに私が目指す女性像にぴったり(笑)

そして今回のボイストレーニングを受けたことで気づいたのですが
自分がこれまでに体験し学んだことと、基本的な考えやありようが
見事に一致しているのです。
目指す方向は、これでいいってことなのかな・・
藤田先生の恩師が書かれた著書を紹介して下さいました。
今回学んだメソッドがつまっているようですので読んで見たいと思います。
ボイストレーニングに興味のある方はぜひ。


身体で覚える! 自然な歌声: 田中式発声法の手引き

身体で覚える! 自然な歌声: 田中式発声法の手引き

  • 作者: 田中 房子
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2012/01/20
  • メディア: 単行本


それと、こちらは身体のことを知るのにとてもいいみたいですよ。

からだの地図帳 (地図帳・ナース)

からだの地図帳 (地図帳・ナース)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

そんなわけで、4月の文京区シビックホールでの写真展会場では
詩の朗読や、展示写真の解説などもやってみようかと計画しています。
声と息の世界を、今後の課題として探求できたらと思います。


静かな時間 [暮らしつれづれ]

お産待機中です。頭と身の回りの整理整頓。
こういう時間は貴重ですね。
赤坂での写真展期間に朗読の時間を持ちたいと思いつつ
なんとなくあっという間に1週間が過ぎてしまいました。
次にはきっと。朗読はひとりでもできるので(笑)
というわけで、こんなコンテンツをみつけたので、お気に入りの絵本や
詩集などでAmazon連携のスライドショーを作ってみました。
右サイドバーにも設置して、これから増やしてゆく予定です。
お仕事した書籍もサイドバーに追加しました。
写真展中に撮影を申し込まれた方には、昨日中にメール便で発送いたしました。
数日中に届くかと思いますのでお待ち下さい。

Amazon.co.jp ウィジェット
今日はこれを聴きながら

デビュー+1

デビュー+1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2004/10/21
  • メディア: CD


前の12件 | - 暮らしつれづれ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。