So-net無料ブログ作成
日曜のモノローグ ブログトップ

レモンと天の香り [日曜のモノローグ]

そこで、イエスは答えて言われた。
「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために
来たのです。」

  ールカの福音書 CHAPTER5-31〜32

remon.jpg
瀬戸内の島から届いた無農薬レモン。大きくて元気いっぱい。
さっそくしぼってジュースにしたり、皮を刻んでいろんな料理に活用。
最後はレモン湯にしています。。
レモンの香りは元気が出るので大好き。
タイミングよくこんな本も読んでいます。
タイトルに惹かれたのですが内容もすごくおもしろいです。
aroma.jpg

夏に向かって [日曜のモノローグ]

求めなさい。そうすれば与えられます。
捜しなさい。そうすれば見つかります。
たたきなさい。そうすれば開かれます。

  ーマタイの福音書 CHAPTER7-7

_DSC4237c.jpg

最近、日曜日がくるのがとても早いような・・
一年の前半が早くもあと一月ちょっとで過ぎてゆくのですね。
そういえば、このブログもはじめてから8年と一ケ月過ぎました。
年を8つもとったってことです(笑)
このブログをはじめた当初から読んで下さっているみなさまが
もしいらっしゃるとしたら、長いおつきあいありがとうございます♡
いつまで続けられるかは、神のみぞ知るですが、今後も長く続けてゆけたらいいなと
思っています。とりあえずはあと2年続けられるとうれしいですね〜

そして 季節は次第に夏に向かってゆく

8月には八ヶ岳エコラの森の夏まつりに参加できそうです。
まだ詳細は未定ですが、フォト教室をやると思います♡
よかったらこの夏、エコラの森へ出かけてみませんか。。
昨年よりもバージョンアップしてご参加をお待ちしています。






雨上がり5月のローズ [日曜のモノローグ]

北風よ、起これ、南風よ、きたれ。
わが園を吹いて、そのかおりを広く散らせ。
わが愛する者がその園にはいってきて、
その良い実を食べるように。

 ー旧約聖書 雅歌 CHAPTER 4.16

_DSC4211b.jpg
雨上がりの朝 窓の外は コーネリアがアーチを楽しく彩ってくれています。
コーネリアはつぼみが濃いローズ
ブーケのようにたくさんの花をつけ、色のグラデーションが美しい。

隙間をぬうように つるサマースノーが顔をのぞかせています。
アーチの上にはメイクイーン。
隅にひっそり咲き始めたジプシーボーイの濃い赤紫色が 
庭に落ち着きを与えてくれます。

_DSC6323b.jpg

白モッコウはすでに時期をすぎたけれど
けなげにいつまでも可憐な姿を見せてくれる
交代で サンダース・ホワイトがのつぼみがびっくりするほどの数。

大輪のロココ
香りを運ぶ マダム・アルフレット

初夏の陽気に誘われ 今日はデスクワークをバラの下でやりたい気分です♡

光と影のかけら [日曜のモノローグ]

自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、
盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。
  ーマタイによる福音書 CHAPTER 6 20-21

ma-2b.jpg
年を重ねるとともに溜まってゆく写真たち。
大切なものではあるけれど、すべてを残せるわけじゃない。
そのうちに、と思っていてもずるずると 明日に引き延ばして

愚かなものだ

箱から現れる 習作 駄作 意味のない ポートフォーリオ

光と影のかけら 気の向くまま 歩いた 日々の遠い記憶

懐かしく 恥ずかしく けれども まっすぐに向けた視線を

少しだけ 光に透かして眺めてみよう 5月の風をまといながら









空豆のおふとん [日曜のモノローグ]

 そのころ、マリアは立って、大急ぎで山里へむかいユダの町に行き、
ザカリアの家に入ってエリサベツにあいさつした。
エリサベツがマリアのあいさつを聞いたとき、その子が胎内でおどった。
エリサベツは精霊に満たされ、声高く叫んで言った、
「あなたは女の中で祝福されたかた、あなたの胎の実も祝福されています。
主の母上がわたしのところにきてくださるとは、なんという光栄でしょう。
ごらんなさい。あなたのあいさつの声がわたしの耳にはいったとき、子供が胎内で
喜びおどりました。主のお語りになったことが必ず成就すると信じた女は、
なんとさいわいなことでしょう」。
     ールカによる福音書 CHAPTER1 39-45

_DSC6239b.jpg

空豆のおふとんは、ふかふかの柔らかなベットのようです。。

ギフト [日曜のモノローグ]

「人をさばくな。自分がさばかれないためである。
あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたが量るそのはかりで、
自分にも量り与えられるであろう」
     ーマタイによる福音書 CHAPTER7 1-2ー

_DSC6173c.jpg

写真展の初日に助産雑誌のTさんにいただいたフラワーアレンジを
自宅に飾っておりました。
今日 3つの花器に花をにうつしましたが、よくみるとこのお花
淡いピンクのカーネーションだったのですね。
桃色のバラと、サーモンピンクのガーベラとグリーンとの組み合わせ
柔らかな色合いがとても素敵でした。
写真展の終わる間際にゆっくりと会場を見て下さったTさん。
「やってよかった」と安堵の表情でおっしゃいました。
忙しい手間や労を惜しまず、準備から開催まで骨折って下さったこと
忘れることはできないでしょう。

_DSC6191.jpg

この「写真展に寄せて」の文を書いた時に、カーネーションを会場に飾りたいなと
実はちょっと考えていたのです。

それは、いつのまにか実現していたんですね・・・。






I Like タンポポ [日曜のモノローグ]

初めに ことばがあった   In the beginning was the Word,

ことばは 神とともにあった   and the Word was with God,

ことばは 神であった   and the Word was God.

         ーヨハネの福音書 CHAPTER 1-1ー

「Mother いのちが生まれる」の前日 
ここ数日 慌ただしい日々を過ごしていたので 心静かに 明日の仕上げをしています
聴いているのはご縁があった地球交響曲の第五番CDです。

今回の写真展には ことばも とても重要と感じていて 
写真には 連載「いのちの響き」と「いのちのささやき」から
私が紡いできた ことばを 添えようと思います

生まれてこれなかった いのちや
さようならと 還っていった いのちにも 思いをはせながら
_DSC607b.jpg
日曜のモノローグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。